PROFILE
      松山 和仁
      ninnaビルダー

      1975年、埼玉県生まれ
      さいたま市在住
ninna
TOPIC
NEW PRODUCTS
    ubri2014-pop1.jpg

    gira2013-pop.jpg

    MEZO-POP.jpg

    OROLO.jp2012-pop.jpg

    2012LUSEN-TOP1.jpg

    trafu-pop1.jpg

    tramont-big--pop.jpg

    NINOLO-CARBON-56.jpg

    raban-pop.jpg

    dop-web.jpg

LINK
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
normal | list
お詫びとお知らせ
TRAFUのご予約を一旦締めさせてもらいました。
今回も沢山のご予約を頂いて、ほんとにほんとにありがとうございます!!

ありがたい事に、私の想像を遥かに超えるご注文数で、多くのお客様、ショップ様にご迷惑をかけてしまうかと思われます。すみません。

今回発売のTRAFU。クロタラスシリーズの第一弾という事もあって、皆さんに使っていただきたい思いが強く、再生産という形で申し訳ありませんが、全てのご注文に対応したいと思っております。

各ショップ様から、今回は…… 等のご連絡がいった際には、再生産の話聞きましたとお伝えいただければと思います。
 
また、再生産の納期ですが、2月中を予定しています。冬も釣りをされる方には申し訳ありませんが、いわゆるシーズンインには必ず間に合わせたいと思っています。

宜しくお願いいたします。
ninna 松山

trafu0000.jpg
頭の中
もうすぐ発売のTRAFU、色々と新しいパーツが付いています。
今日はパーツのご説明を。長いですよ。


先ずは一番目立つフロントペラ。

フロントのビッグペラを作りたいというのが最初の始まり。ニンナにはフロントペラのルアーとしてGIRAという名前のルアーが既に発売されています。こちらはプロペラの一部が折られており、その小さい箇所で水を叩き、巻き込み、泡や音を出すというのがコンセプト。

この一部を折って他のプロペラと差別化を図るという事は、ニンナペラに一貫したデザインなので最初から決定していました。では、何処を折るか?
 
そこで考えたのが軸部分の根元を折ってボスペラの変わりにする事。ビックペラの安定した動きを生み出すにはボスが必要ではないかと考える。

するとさらに色気が出て来て、この折った箇所で何か出来ないかと考えだす。
そこでピーンと来たのがレコードの上を針が回って音が出る様なシステム。

頭にレコードの様な大きく平らな金属パーツを付けるならば、中に何か入れられるなって事で、今度はラトルを入れる事を思いつく。

ビッグペラが回って干渉音もだし、振動もする。さらにラトルも入れられればさぞかしアピールのある音が出せるのでは……

ばーっと羅列しましたが、大体ここくらいまでが最初に頭の中で考えた事。

IMG_0682.JPG
初期プロト

プロペラに関していえば、形状はさほど凝ってはいない。今回のルアーに求められるプロペラはとにかく良く回転する事。爪の箇所でボディーと干渉する為に負荷がかかるので、負荷などものともしない回転性能が求められる。そこで、このビッグペラにはきつめの曲げ角度がついています。
この曲げ角度は、ゆるいほど大きい振動が期待出来るので、飽きて来たらいじってみるのも面白いと思います。


フロントパーツ

上で書いたプロペラの爪を受け止める、所謂レコードの役割を果たすパーツ。
このパーツも文字の大きさ、深さなどほんとにトライ&エラーを繰り返した。。

そしてこのパーツ、プロペラの爪の箇所で擦られる為にだんだんと音も変わって来る。最初は凹凸の場所によっては回りづらい箇所もあるかもしれませんが、回しているうちに金属が擦れて馴染んできますのでご安心を。

ボディーとフロントパーツは密着度を増すために接着剤で固定しています。そのため強い衝撃などで、ごく稀に取れる場合があります。そうすると音が変わりますので、また接着剤等で接着していただければと思います。
しかしながら、この外れた場合もまた違った独特の音がしますので、もし外れたら暫く使ってみるのも面白いです。
取れたパーツを裏返して平らな文字の無い面にしても、これはこれでいい音するんですよね…(笑)
もし外れてしまった場合等は >コチラにてご相談下さい。

因みにパーツには N.C.S ninna と刻印がしてあります。レコードの様にこのパーツを変えると違う音が出るとか出ないとか。。

IMG_0681.JPG
NEW
やっと出来ました。
今回は何時もの新作と違って新シリーズの第一弾。どうせならって事でホームページもリニューアルしてたので遅くなりました。。

今回の新シリーズ、何が今までと違うの?って事ですが、ラトルを内蔵したモデルと言う事が今までのルアーと決定的に違う点。ラトルありきでルアーを作って出来上がったと言うか、今回のルアーの為にラトルを入れる事になったと言うか、何にせよ今回発売のTRAFU トラフがこのクロタラスシリーズのフラッグシップモデルとなるルアーです。

IMG_0653.JPG

上の写真を見ていただけると、アレ?っとお思いの方も居るはず。そうなんです今回のクロタラスシリーズにはニンナとしては初の2ピースリグを採用。大きなラトルルームを内蔵している為に、Lリグのカップ穴が空けられない。しかしボディーはあまり太くしたくないって事でこの仕様となりました。
(サイズ感や重さは今までのルアーと殆ど変わらないのでご安心を) 
クロタラスシリーズの詳しい事は>コチラ

今日はとりあえずここまでで。
また明日にでももう少し苦労話を書きたいと思います(笑)

お店の方への案内書も明日にはと言うか、もう今日ですね。。。

trafu-pop1.jpgtrafu-pop-ura.jpg
やっと
新作のルアーパーツが全部揃った。
さっそく写真を撮る為に何個かリグ組をしてみる。新作はこの瞬間が楽しみでもあり、最大の緊張を伴う。何個もテストして来たパーツに不具合があるはずも無いのだけれど、やっぱり最後まで何が起きる解らないのは何の業種でも一緒ですよね。。

今回の新作も無事に収まり、後は全てのルアーにパーツを組み付けるだけとなっています。写真も撮ったので、案内の方も近日中に見ていただけるかなと思います。

先日、作業中にラジオから今年の一番高い買い物は?っていう番組がやってました。年末はこの手の番組多いですね。。 俺は何買ったかなって考えたけど特に何にも買ってない。そこで、はっと思いついたのがこのルアーのパーツ。仕事とはいえ、一般的には到底理解出来ない値段だろうなと(笑) 

長いこと欲しくて作りたくてやっと形になったルアーです。
お楽しみに。

trafu-web00.jpg
師走
今日から12月なんですね。今年もあと1ヶ月か。。
新作ルアー用のパーツですが、案の定まだ届きません。やっぱりこの時期は何処も忙しいみたいですね。 という訳で新作ルアーは少し遅れるかもです。

ルアーブランクの方はトップコートも無事に塗り終わり、乾燥待ちという状態なので、先日は今シーズン初となるダムに浮かんできました。といっても浮かんできただけで、魚は見れなかったのですが。。

この時期のフィールドは落葉樹が色鮮やかで、魚が釣れなくても楽しいですね。お昼のカップラタイムなんて最高!

と、釣れなくて悔しいので周りの人達に言っておきましょう。
年内にもう一匹だけでも釣りたいな

IMG_0637.JPG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87