PROFILE
      松山 和仁
      ninnaビルダー

      1975年、埼玉県生まれ
      さいたま市在住
ninna
TOPIC
NEW PRODUCTS
    ubri2014-pop1.jpg

    gira2013-pop.jpg

    MEZO-POP.jpg

    OROLO.jp2012-pop.jpg

    2012LUSEN-TOP1.jpg

    trafu-pop1.jpg

    tramont-big--pop.jpg

    NINOLO-CARBON-56.jpg

    raban-pop.jpg

    dop-web.jpg

LINK
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
normal | list
パトロール
釣果報告いただきました〜 詳しくはコチラ
初バスゲットとの事です。
寒くて顔が強張ってますが、そうとう嬉しかったようですよ(笑)おめでとう。


いやはや暖かくなりましたね
春、やっと来たのでしょうか? 春一番ふかない年もあるって36年間も知らなかったです。。

釣りもそろそろ春の場所って事で、先日は川の達人と2012の河川発釣りへ。
私は冬の時期は良い釣り場を求めてリザーバーへと行きますが、彼は一年を通して川通い。今年ももう何本かゴッツイの釣ってます。ほんと凄い釣り人です。

そんな彼も今年はこの川はお初という事で、2人してまずは様子見。台風で変わった地形などをチェックしてきました。もちろん釣りもしましたが。。。

それにしても去年の台風の爪痕は凄く、結構色んな所の地形が変わってましたね。良くなった場所もあれば、もちろん潰れたポイントも。。

彼も言ってたけど、川は毎年変わるので固定概念を捨ててやらないと魚を探すのが難しい。去年の良かったポイントなんてあっという間に消滅ですよ。

ほんとちょっとした所にブラックバスは付きますからね。水面下のストラクチャーやそれによって起こる反転流や淀み。ほんとちょっとした所です。
もちろんブッシュなどもポイントですが、房総半島のリザーバーに慣れた目の私には、あまりのプアーな川の景色に釣れる気なんて起きません。。

まぁ毎年のことですが、一匹迄は時間がかかります。
とりあえず大体の地形は見て回ったので、代掻きが始まっても底のイメージを頭に描いて投げきれるでしょう。

代掻きが始まる前に、近所の川も見に行っとこう
しばらくはフィールドパトロールです。

IMG_0771.JPG
春近し
釣果報告いただきました〜 詳しくはコチラ
そろそろ釣果の方も春ですかね? お二方共にこの時期特有の魚体で、いい魚ですね〜 おめでとうございます!


私も先日の釣果に気をよくし、またも懲りずに雨狙いで行ってきました。
とにかく今年の釣行はいつもびしょびしょ。
帰りの車の中は窓ガラス曇りまくりです(笑)

先日は暖かい雨。今回は少し冷たい雨。
これって個々の感じ方でだいぶ違いますよね。釣果に比例するというか。釣れれば寒さを感じないと言うか。。

冷たい雨に感じたという事は、、魚の反応は前回程ではなかったです。
10時迄は何も無し。ただただ冷たい雨。。
平日だというのに釣り人は多く。プレッシャーのかかり方も半端ない。
しかも平日は単独の方多し。雨の中で独りでやろうってんだから彼らはやる気も腕も違います。

これはちょっと時間ずらさないと無理だろうと、この時期には人気があまり無いであろうポイントを巡る事に。
これが功を奏したのか、狙い通りのポイントでトラフで良い奴をかけるも船縁でばらし。逃がした魚はデカかったではないですが、デカカッタヨ…

カップラーメンで気持ちを切り替え、偶然に同じ日に来ていた近所の川仲間と情報交換して再スタート。
絶対に居るであろうポイントを再度流す事に。

この絶対に居るであろうと思う事が、トップの釣りではとても大事だと最近思ってます。広いフィールド全部を100%のキャストとアクションで釣る事は不可能。それならば、季節や天候などの条件と過去の自分の経験などから居場所を仮定して集中してやれば、広いフィールドで迷走しなくてすみますよね。
あまりに反応ないと心が折れ疑心暗鬼になりますが、その時はルアーのせいにしましょう(笑)

ただ、思いもよらない場所でデカいの釣れたりもするから決めつけてかかるのも一概に良いとは言えませんね。意外性や偶然性がトップウォーターの面白い所でもあると思うので。。

結局、粘り勝ちと言うか、往生際が悪いと言うか
最後にプリプリ45を釣り上げ今回も大満足の釣行に。
一日操船してくれた友人に感謝。 ゴッツァンフィッシュでした!

IMG_0759.JPG
OROLO Joint ブレード仕様
やっと
2012の初バス釣りました。
今年はそんなにハイペースで釣りに行ってなかったのですが、天気を狙って行っていたので全ての釣行で同船者がキャッチするという、2012年は何時になく好調な滑り出しでした。

「ニンナと行くと釣れる」そんなジンクスが仲間内で出始めたのか、基本的に土日しか行けない友人のラブコールを受け、先日の暖かい雨予報の土曜日に行ってきました。

前日の天気予報を見る限りではテンション上がる感じでしたが、今年は散々気温に裏切られてきたので防寒対策は完璧に。カッパももちろん2枚重ね。ホカロンも貼って完全防備。ですがフィールドに出ると意外にも暖かい。。

これはさすがにいけるんでないのって釣り進むと何だかあっさり釣れました。
毎年この時期にお世話になってる気がしますが、前夜にもう我慢ならんとタックルボックスに入れた、この時期には絶対の信頼をおいているジョイントでした。

120317_0722~02.jpg
OROLO Joint 46cm

その後、同じ様なサイズをプロトのライブリーでもう一匹釣り上げ大満足。二匹ともライブリー。しかもポイントから結構離れてからのバイトでした。

一匹目はいわゆるゴニョゴニョの横を通して、もういい加減に回収しちゃおうかなって思った所でのバイト。それを踏まえてそこからはアクションはだいぶ手前までする様に。これが良かったのか、二匹目も浮きゴミと沈み竹の横を通して、しばらく巻いた所で横からひったくる様なバイトでした。

その日その日の傾向って何かある様な気がします。友人は違うタイプのルアーですが、その日の当りルアーでゴッツイバイトを連発してましたけど何故か針掛かりせず。。


そうこうしてるともうだいぶいい時間に。最後は何処やろうかと思ってますと、ガウラクラフトの青芳さんと遭遇。お話を聞くと同船者の方が50upを釣られたとの事! 私達のテンションも上がり最後は大場所やって帰ろうと言う事に。

いい時間になり、釣れそうな気配がムンムン。ですが、目当ての場所には先行者の方が。
他に思いつく所もなかったので、入れ替わりでポイントに入らせてもらう事に。
バラしたとの声も聞こえてましたので絶対に魚は居るはず。ならば先ほどの方と違うタイプのルアーで攻めようとチョイスしたのはプロトのペンシルベイト。これが良かったのか腹パンの43キャッチ。いや〜よく引いた。

それを見てた友人は、すぐさまアブディール堀田君のアブストラクトに変えての一投目、かなり激しいバイトを貰うも惜しくものらず。追い食いまで貰ったのに惜しかったね。ルアーは当ってたのにね。。

そんなこんなで結局暗くなるまでやりきりました。
久しぶりの土曜釣行だったのですが、意外や意外休みだというのに人が少なかった。あんまり平日と変わらないんですね。ガソリン高いからかな…?

それと、最近は皆さん夕方まではやらないのですね。暖かい雨は釣れるファクターだとは思うけど、朝マズメ、夕マズメってそれに追随するくらいに魚の食い気が上がる、釣れる要因だと私は思うんだけどな〜
たまにしたくなる事
たまに無性にしたくなる事、何かありますか?
人それぞれ色々ありますよね、もちろんここでは書けない様な事も…

ここは釣り関係の話。私のたまにしたくなる事とは、車中泊。

遠征などで宿泊費を浮かす為に仕方なく、と言うちゃんとした車中泊もあれば、行き当たりばったりで何処かに行って、ついでに「朝だけ釣りして帰ろうかな」って軽い感じの車中泊まで色々ありますが、私が好きなのは軽い感じのチョイ寝車中泊。

もちろん、ちゃんとした車中泊もしてみたいのですが、車がそこまで大きくないのでこれは今後の楽しみに。

先日も新木場からの都内〜千葉をグルグル廻り、最終的には車中泊して朝マズメの釣りをやって帰ってきました(笑)
最近は年に数回、こうやって独りであてもなく車でブラブラする事がある。
それもこれも、カヤックを買ったのが大きな原因だと思う。この電気での動力の要らない自由な乗り物と車中泊の旅行ってとてもマッチしている。なんせ自由なのだ。
 
肩肘張らずに、ただただドライブして、行き当たりばったりの場所に行って自分の地図を広げたり、知らないお店に入って偶然に美味しいものに出会ったり、もちろん新しいフィールドにカヤックを浮かべて良い思いをしたり。。

べつにカヤックなんて無くたっていい。おかっぱりでも充分楽しい。この遊びの本質は、自分で見つけて考えて答えを出す所。人から聞いたり真似したり教えてもらったりじゃ絶対味わえない感動がある。そこが、独り遊びの一番私が気に入っている事。

皆さんも暖かくなったらどうですか?
独り遊びもたまにはいいですよ。

IMG_0747.JPG
材木事情
新木場での材料調達の際にとても残念な話を聞いた。
なんと、ニンナがルアー制作でメインで使っているアガチスという材が殆ど日本に入ってこない状況との事…… あんなに有った在庫の山ももうほんの数本。前回行ったのが3ヶ月前だからびっくりである。

アガチスは家具の内材などにも使われていて、繊細な仕事には重宝される材でもある。狂いも少ない、木目も細やか、そして比重が軽い。これに変わる材は今のところアユースしかないとのお話でした。もちろん変わると言っても全く同じではない。だからこそ、皆が皆アガチスを買い占めてしまったのだそうだ。
材木の世界は無くなる材を追っていてもコストの関係上成り立たない商売だそうで、皆さん頭を抱えておりました。もちろん私も。。

しかしながら、全く入って来ない訳では無い。次回は良質だという話のインドネシア産が来月入って来るとの事ですので、事情を話して、良い材だけ特別に取っておいてもらう算段を。
私の所にもあと数年分位の材のストックはあるので、今直に困ると言う話でもないのですが、昔から何でもストックしておく性分なので、在庫が少なくなると不安な気持ちになります。

一般的に流通している木材は数十年のサイクルで回っている。昔あんなに使われていたラワン材なんて、今は殆ど良質な材に出会う事は少ない。これも山を伐り尽くしてしまったから。日本はそうやって高度成長期の時代にめちゃくちゃな事をやってきたツケを今後払っていくのでしょう。今はさすがに伐った跡の植林に力を入れているらしく、アガチスも数十年、数百年後にはまた大きく育つとの事です。

大切な自然資源、明日からまた気合いを入れて削ります。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87