PROFILE
      松山 和仁
      ninnaビルダー

      1975年、埼玉県生まれ
      さいたま市在住
ninna
TOPIC
NEW PRODUCTS
    ubri2014-pop1.jpg

    gira2013-pop.jpg

    MEZO-POP.jpg

    OROLO.jp2012-pop.jpg

    2012LUSEN-TOP1.jpg

    trafu-pop1.jpg

    tramont-big--pop.jpg

    NINOLO-CARBON-56.jpg

    raban-pop.jpg

    dop-web.jpg

LINK
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
normal | list
TOP WATER JUNKY
私の血筋には道楽者が多い。趣味人というともっとライトな感じを受けるのでやはり道楽者の類いであろう。趣味が高じて仕事になればまだいい方で、仕事そのものをほっぽり出してそちらの世界に没頭。なんて、そんな方も居ると聞く。私の祖母もまさにそんな感じの人で、彼女は茶道楽なのである。もともと腕の良い着物の縫子だったと聞かされているが、子供達が成人すると否や全ての財力を茶道具に注ぎ込んだ。特注の茶室が設えられた自邸で悠々自適に独りで暮らす87歳の道楽者である。

そんな祖母から、数年前に茶道具を頼まれる。その当時、私は家具屋で仕事をしていた為、好みの品を作ってくれるとでも思ったのだろう。絵をみると簡素な飾り棚で、材は桐。これなら何とかなりそうだと安請け合いした。
年寄りのくせに注文がうるさく(笑)祖母の期待に応える様な材を探すのにとても苦労した。材が見つかってしまうと、なんだかもう出来上がった気がしてそのまま放置。その後私はルアーの世界へ。そしてその素晴らしい桐の材木は数年間私の部屋で熟成。というか半分忘れかけ。もちろん祖母もまた然りである。

数年前、とあるルアービルダーの方と同船する機会があった。釣りの話から道具の話、そしてもちろんルアービルドの話。その流れでルアーの材料となる木材の話になる。そして徳島ではなかなか手に入らない材料に桐という材がある事を知る。
もちろん、私の部屋で眠っていた素晴らしい桐の材木は彼の元に。数年かかってやっと収まるべき所に収まった。

そして今日、桐材は見事に変身して私の手元に戻ってきた。作者の人柄が解る様な手紙と共に。先を行く指針となる様な方が居るのは嬉しい事です。

日々精進します。ありがとうございました。

IMG_1941.JPG
<<今年の冬は | イージードライブ >>